後悔しない葬儀リーフレット
PDF
大阪教区重点プロジェクト
『葬送儀礼』寺院用テキスト
―大阪独自の提唱―
PDF
事業計画  2017( 平成29 )年度

《伝道研修部》

① 連研のための研究会 《 宗派策定事業 》

連研の現状と課題、話し合い法座の意義を確認し連研の活性化を図る 
また、全組における連研開催をめざし、連研未開催組及び休止組については開催に向けた方策を協議する

 

② 連研履修者教区研修会  《 宗派策定事業 》

連研修了者へ話し合い法座の意義・門徒推進員養成に込められた願いを伝えていくとともに、門徒推進員中央教修参加奨励の一助とする

 

③ 実践運動推進協議会  《 宗派策定事業 》

ご親教「念仏者の生き方」をもととし、あらゆる人々が自他ともに心豊かに生きることのできる社会の実現に向け、門信徒と僧侶が積極的に現実の課題と向き合い、協議することを目的に開催する

 

④ 連研開催 (門徒推進員養成連続研修会)   < 奨 励 >

連研実施組拡大を目的とし修了報告に基づき、教区として毎期6万円を助成金を交付する

⑤  組仏教壮年単位会拡充研修会  < 奨  励 >

全寺院で仏教壮年会を結成することを目的に、単位会拡充に向けた研修会を各組において開催する

《 教 学 部 》

① 教学講座

門信徒・僧侶を問わず、お聖教を通じて教学に対する学びを深めることを目的に開催する

② 教学伝道研修会

自信教人信の姿勢を確認するとともに、さらなる教学の振興を図ることを目的に開催する

《 広 報 部 》

① 教区新報の発行

教区の広報紙として、実践運動や組織教化団体の活動状況並びに推進啓発、その他教区内の活動報告や宗務連絡など、情報提供していくことを目的に発行

 

通常号  8ヵ月分 ( 8頁、表紙・終面のみカラー)
  600号記念号 (10頁、オールカラー)
  6・7月合併号 (16頁、表紙・終面のみカラー)
  10月号 (12頁、表紙・終面のみカラー)

 

② 情報ネットワーク設置

各組の活動・情報を積極的に収集し、教区新報を通じて広く周知し、各組各寺院活動の活性化を図る。各組の情報収集のため取材協力者として情報ネットワーク通信員を委嘱する

 

③ I T 関 連

教区の事業を広報するとともに教材資料や各種書式をホームページ上で提供し、寺院運営の活用に資する

《人権社会部》

① 実践運動人権啓発推進僧侶研修会 《 宗派策定事業 》

宗門における人権・差別問題の課題を教区・組の取り組みを通して学びを深め、僧侶としての課題に繋げ、『 宗 制 』に掲げる「 自他共に心豊かに生きることのできる社会 」の実現をめざし、具体的な取り組みを実践することを目的に開催する

 

② 基礎から学ぶ同朋講座

過去にどのような事件( 差 別 )があり、先人たちはそれにどう取り組んだか。 
現在の差別はどのような特徴を持っているのか。そして残された課題は何か、などについて学ぶ場として開催する

 

③ 社会問題研修会 

「 戦 争 」という、敵を人間として認めず、その命を奪うことを本質としている最大の人権侵害について、平和な社会の構築に向けて、仏教徒としてのメッセージを発信することを目的に開催する。

《重点プロジェクト推進部》

① 重点プロジェクト 「 葬送儀礼 」 教区研修会

第1期(平成24年度~平成26年度)大阪教区重点プロジェクトで作成した『 大阪教区重点プロジェクト「葬送儀礼」寺院用テキストー大阪独自の提唱― 』に基づき、時代に即した葬送儀礼の実践に向けた研修会を開催する

 

② 組「 葬送儀礼 」 研修会  《 奨  励 》

大阪教区独自の葬送儀礼全般を形にした『 大阪教区重点プロジェクト「葬送儀礼」寺院用テキストー大阪独自の提唱― 』を用いて、「葬送儀礼」研修会を全組において開催し、時代に即した葬送儀礼の実践へ向けた取り組みを進める。

 

③ 組重点プロジェクト推進助成金交付  < 宗派策定事業 >

組における重点プロジェクトの推進に資するため、各組が策定した実践目標の達成に向けて活動を実施した組に対して、助成金を交付する

 

④ 資料作成

「教区・組・寺院の共働可能な葬儀体系の確立」をめざし、また時代に即した葬送儀礼の実践へ向けた取り組みを進めるため、教区で開催した各研修会・協議会の記録をまとめた冊子を作成し、資料として各組や各寺院の活動推進の一助とする