後悔しない葬儀リーフレット
PDF
大阪教区重点プロジェクト
『葬送儀礼』寺院用テキスト
―大阪独自の提唱―
PDF
総合基本計画

1.総合基本計画

 宗門では、2012(平成24)年4月から、運動名称を「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)と改め、「基幹運動」の成果を踏まえた宗門全体の活動として進めています。

 実践運動とは、すべての宗務(伝道教化)が実践運動であり、あらゆる人々が自他共に心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献することを目的として、宗門を構成するすべての人々が参画し、いのちの尊さにめざめる同朋一人ひとりが自覚を深め、浄土真宗のみ教えを宗門内外に広く伝え、従来の枠組みを超えた多様な活動を、社会に広め実践していくことをめざした運動です。

 大阪教区では、宗門が策定した総合基本計画・重点プロジェクトに基づき、これまでの成果や教区の実情を踏まえ、事業の見直しをはかりつつも継続の必要性が求められていることから、教区がこれまでに行ってきた主な研修会などについては、引き続き事業を継続し実践運動として推進してまいります。

 運動推進の方向性としては、従来からの「運動推進の主体は組」であると位置づけ、教区はそれを支援し、教区単位で実施すべき事業は教区で実施するという、相互の連携のもとで運動の展開を計ります。

 具体的には、以下の13項目を中心に取り組みを進めてまいります。

(1)組代表者(組長・組委員長等)を対象とした「組実践運動協議会」の開催
(2)「教区研修講師の派遣」促進
(3)「大阪教区差別はがき投書事件」の対応要綱に基づく「差別を許さない」取り組みの推進
(4)「過去帳等取扱基準」及び新「差別事件糾明のための方途」の学習
(5)実践運動推進連続研修会の開催
(6)組連研の開催奨励
(7)門徒推進員の増員と活動のための環境整備
(8)教学の振興と伝道の推進
(9)「次代を担う人の教化育成」と「ご縁づくり」の取り組み
(10)組織教化団体拡充に向けての取り組みと組織教化団体との連携による運動推進
(11)「いのちの尊厳と平等」に関する社会の諸問題への取り組み
(12)運動推進にかかる情報交換・発信、資料等の作成と配布
(13)災害支援にかかる情報収集と支援方途の検討

 ご門主様は『伝灯奉告法要についての消息」に「仏智に教え導かれて生きる念仏者として、山積する現代社会の多くの課題に積極的に取り組んでいく必要があります」と、お言葉をお述べになりました。
 このお言葉を体して、私たちは人々の苦悩に寄り添い、ぬくもりのある活動を展開していかなければなりません。一人ひとりが互いに敬愛しあう「御同朋の社会」の実現をめざして実践運動に取り組みましょう。

2.スローガン 

「結ぶ絆から、広がるご縁へ」

3.重点プロジェクトについて

 「重点プロジェクト」は、「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)総合基本計画に基づき、具体的な実践目標を定め取り組むものです。
 変化の速度が著しい時代状況の中、宗門が「重点的」に取り組むべき社会的課題も変化します。変化する時代状況を踏まえ、社会への具体的な貢献をめざし、年限を決めて実践されるのが「重点プロジェクト」です。
 大阪教区では、2012(平成24)年度より重点プロジェクトの実践目標に「葬送儀礼」を掲げて取り組みを進めてきました。これまでの3年間、達成目標の「葬儀の本来化を僧侶・門信徒すべての課題とし、浄土真宗における葬送儀礼の現代的意味を明らかにするとともに、時代に即した葬送儀礼を提唱し実践する」ため、意識調査や各研修会での学びを踏まえ、大阪教区独自の葬送儀礼全般を形にした寺院用テキスト『大阪教区重点プロジェクト「葬送儀礼」寺院用テキスト -大阪独自の提唱-』を作成いたしました。この寺院用テキストを基とし、今後さらなる「葬儀の本来化」に向けた取り組みを継続してまいります。
 2015(平成27)年度より2017(平成29)年度の重点プロジェクトは、引き続き実践目標に「葬送儀礼」を掲げ、「教区・組・寺院の共働可能な葬儀体系の確立」をめざして、寺院用テキストを用いてさらなる研鑽を深め実践するため、教区研修会の開催、引き続き各組での研修会を開催します。また時代に即した葬送儀礼の実践へ向けた取り組みを進めるため、調査研究を行ってまいります。

以  上

【 2015(平成27)年5月13日策定 】