現在お使いのバージョンのInternet Explorerでは、当サイトを正常に閲覧することができません。
Google Chromeなどのモダンブラウザをご利用ください。

閉じる

主な内容・バックナンバー

『御堂さん』2023年4月号

殺伐たる時代に

1903年4月11日。お念仏の心を持つ童謡詩人、金子みすゞの生誕から120年。そのたぐいまれな感性の世界を、矢崎節夫、ちひろ両氏のお話で。

嗚呼、嘘。忘れられない嘘

嘘つきは泥棒の始まり。嘘は悪いことですが、ときには人生を潤す働きをすることも多い、「嘘」の役割。私は、こんな嘘の体験をしたという物語です。

登場者(※登場順、敬称略)

矢崎節夫、ちひろ
山田邦子、クロちゃん、愛華みれ
ラサール石井 ほか

 

TOP
イチョウ
ページの先頭へ