現在お使いのバージョンのInternet Explorerでは、当サイトを正常に閲覧することができません。
Google Chromeなどのモダンブラウザをご利用ください。

閉じる

月刊誌『御堂さん』

次号の主な内容・バックナンバー

次号の主な内容

『御堂さん』2022年9月号

『御堂さん』2022年9月号

橋渡しの仕事人

両者の間に入って、良い関係に導くことを、「橋渡し」と言います。その役目を実際に担っている方に、橋渡しの役割や、その大切さを教えて頂きます。

コオロギワールド

夜に鳴くコオロギに、秋を感じます。ところで、インターネットコオロギはご存知でしょうか。コオロギの問題は人間の問題。是非お読み下さい。

登場者(※登場順、敬称略)

岩瀬仁紀、唐橋ユミ、堀エリカ
須山暢大、大村朋宏、冨山佳子
長尾隆司、音無美紀子 ほか

バックナンバー

『御堂さん』2022年8月号

『御堂さん』2022年8月号

「巻頭インタビュー:宮本亞門」

ジャンルを越えて、幅広く世界で活躍されている演出家、宮本亞門さん。引きこもりや病気などを体験され、なお国際的に評価される舞台芸術を生み出した、その原動力となっている、ものの見方や考え方を伺ってみましょう。

「シャバで六道巡り

地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天人。境涯が違うとはいえ、いずれも、「迷いの世界」であることに変わりはありません。その実体を、創作物語とエッセイで綴ってみました。

「おうちに帰ろう」

お盆は、故郷を想い、実家に帰る習慣があります。そして、浄土とは人生の旅を終えて、帰る家です。

登場者(※登場順、敬称略)

宮本亞門、廣瀬 俊
内田春菊、嘉門タツオ、コウメ太夫
川村 綾、紫 とも、森脇健児、内藤昭文
中川ひろたか、パトリック・ハーラン
マック鈴木、外松太恵子 ほか

『御堂さん』2022年7月号

『御堂さん』2022年7月号

「生きよう、ともに

クマノミとイソギンチャクは一例ですが、生き物同士の共生は沢山あります。お互いを生かし合う、生命の神秘です。

「ザ・失敗トップ3

いのちに関わる失敗はNGですが、失敗は人を育てます。みんな覚えがあるような、笑える失敗を聞いてみました。

登場者(※登場順、敬称略)

今泉忠明、黒鳥英俊、岡本朋子
齋藤雅典、山崎龍明
宮川一朗太、横澤夏子、杉山雅彦
鷲尾真知子  ほか

『御堂さん』2022年6月号

『御堂さん』2022年6月号

「それぞれの涙物語

嬉しいとき悲しいとき、そして感動したとき。人は、その一生の間に、どれほど多くの涙を流すことでしょうか。それぞれの涙が描く、人間ドラマです。

「与謝野晶子の素顔」

今年は、大阪府堺市に生まれた情熱の歌人、与謝野晶子の没後80年にあたります。遺された短歌を手がかりに、その人柄や魅力を探ってみましょう。

登場者(※登場順、敬称略)

徳光和夫、福士加代子
風見しんご、アンミカ
江畑幸子、赤井智顕
古澤夕起子、細川ふみえ ほか

『御堂さん』2022年5月号

『御堂さん』2022年5月号

「三世代の結び目

親と子の関係も、昔とは変わったかもしれませんが、やはり、血は水より濃いものです。親から伝えられ、次世代へと伝えたい大切な心とは何でしょう。

「フォト・エッセー 彩る麦秋の丘」

ハッとするほど美しい麦畑。パンも麺類も、実に身近な食品でありながら、米に比べると知らないことが多い麦。麦秋の季節に、麦を見直しましょう。

登場者(※登場順、敬称略)

林家三平、高橋真麻、
池谷幸雄、菊地晴夫
丹野研一、桂米團治 ほか

『御堂さん』2022年4月号

『御堂さん』2022年4月号

「大人って何だろう?

20歳から18歳に引き下げられる、成人年齢。でも、大人とは何でしょう。既に成人を迎えた人、これから迎える人。それぞれの「大人観」を伺います。

「においの記憶」

思い起こされる、懐かしい風景、耳に馴染んだ音、そして鼻の奥の記憶に留められている、いろいろな「におい」。昭和という時代の、においの話です。

登場者(※登場順、敬称略)

鈴木 福、内山信二
内山あや、谷川治惠
鈴木正幸、イルカ
イッセー尾形 ほか

『御堂さん』2022年3月号

『御堂さん』2022年3月号

「引き際のシナリオ

3月は卒業の季節。どんな分野でも、いつか引退のときはやってきます。しかし、それは単に退くのではありません。次の世代への伝承でもあるのです。

「笑い×介護の化学反応」

介護とは、多くの場合、きつくてつらいものです。介護に明るい笑いは可能でしょうか。介護士の資格を持つお二人に、その取り組みをお聞きしました。

登場者(※登場順、敬称略)

吉田簑助、黒木 瞳、梵 英心
竹下佳江、栗秋正寿、矢田了章
お笑いコンビ レギュラー(松本康太、西川晃啓)
森本レオ ほか

 

 

『御堂さん』2022年2月号

『御堂さん』2022年2月号

「真冬のほっと物語

今年は厳冬の予報です。寒い時には、温もりが恋しいもの。読んでいる内に、自然と心がほっこりと温まってくるような、そんなお話ばかりを集めました。

「リモート教育の実情」

コロナ禍による、リモート授業の奨励。それは、教育の現場に、どのような影響を及ぼしたのでしょう。リモート教育の功と罪の両面を考える対談です。

登場者(※登場順、敬称略)

藤岡 弘、、原田雅彦、瀬戸カトリーヌ
西村 淳、石森実和、渡邊 隆
山口裕幸、外松太恵子
小田井涼平 ほか

 

 

『御堂さん』2022年1月号 好評につき完売しました

「巻頭インタビュー」

流石と視聴者をうならせた、五輪中継の名解説。宇津木妙子さんの想いとは。

「浄土真宗のキーワード」

他力本願、悪人正機、往生浄土。最も大切でありながら、誤解されるこれらの言葉の正しい意味を、探ってみます。

「『一』に願いを」

一念、一心。仏教では、大切な事柄を表すのに、よく「一」を使いますが、身の回りにも、「一」は多くあります。

登場者(※登場順、敬称略)

宇津木妙子、赤井智顕
桜井一枝、小池秀章、桂 塩鯛
釈 徹宗、清老寛子
梅沢富美男、渡辺美奈代、藪 恵壹
石橋達二、山本攝叡 ほか

 

『御堂さん』2021年12月号

「コロナパニック

本当に長いトンネルに入ってしまった、新型コロナウイルスによる災禍。でも、ワクチンの普及などにより、ようやく出口が見えて来たようにも思います。国民全員が被害者ですが、中でも困難を強いられた職業に絞り、実際にどのような影響があり、その中をどう生き抜いてきたのかを、伺ってみました。

登場者(※登場順、敬称略)

松田深雪、羽根田卓也、藤嶋由香、
西澤摩耶、山本昌一、里見要次郎
中野雅至、真琴つばさ ほか

 

TOP
イチョウ
ページの先頭へ